極真会館滋賀県総本部 ホームページ

滋賀県草津市 極真会館滋賀県総本部  印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

kyokushin_mark40pix.pngofficial_site.png

title_kyokushintowa.png

怖そう、痛そうと敬遠されることが多い武道ですが、そんなことはありません。日常の稽古では直接の打撃はありませんし、みな楽しく自己の鍛錬に取り組んでいます。是非お気軽に近くの道場をご見学ください。あなたが空手に持つイメージが変わるかもしれません。

また、女性の道場生も多く在籍しています。

人格形成に武道は大いに役立ちます

直接打撃制、無差別による実践的空手を通して「相手の痛みを知る」ことにより、人間本来の優しさを知ることができると私たちは考えています。

また、極真会館に伝統的に受け継がれている精神である、 「頭は低く目は高く、口慎んで心広く、孝を原点として他を益す」とは、創始者である故大山倍達自身が、長年の厳しい修行人生の中で確立した極真精神です。

一方で、極真の挨拶「押忍」の精神には、尊敬、感謝、忍耐という精神があります。
心身を錬磨すると同時に、伝統や礼節を重んじる極真会館での修行は、特にお子様の人格形成に大いに役立つと信じております。

創始者・大山倍達

極真会館創始者大山倍達

大山 倍達(おおやま ますたつ、1923年7月27日 - 1994年4月26日)は空手家であり、国際空手道連盟総裁・極真会館館長。空手十段。いまや、地上最強の武道家として伝説的な存在となっている。

「山篭り」で空手修行に励み、1947年に京都で開催された戦後初の空手道選手権で優勝。1952年にプロ柔道の遠藤幸吉四段と渡米、1年間ほど滞在して 全米各地でプロレスラーグレート東郷の兄弟という設定で空手のデモンストレーションを行いながら、プロレスラーやプロボクサーと対決したとされる。ビール 瓶の首から上の部分を手刀打ちで切り落とした時、観客は驚嘆し、「Hand of God」「Miracle Hand」などと形容された。

帰国後、牛を倒し(合計47頭、うち4頭は即死)、その映像は映画『猛牛と戦う空手』として公開された。

多くの武道家と交流し、また世界各国を巡りさまざまな格闘技を研究、直接打撃制の空手(極真空手-フルコンタクト空手)を作り出した。このエピソードは、梶原一騎原作の劇画『空手バカ一代』などにも描写されている。

目白の自宅の野天道場、池袋のバレエスタジオ跡の大山道場を経て、国際空手道連盟極真会館を設立し、数々の名だたる弟子・名選手を輩出している。多くのフルコンタクト系各流派を生み出す元ともなった。

1994年4月26日午前8時、肺癌による呼吸不全のため死去。

滋賀河西道場は故、大山倍達総裁より直接認可を受けた滋賀県唯一の極真会館です。
極真と名の付く類似団体にご注意下さい。

■ブログ&インフォメーション

karate_image3.png

official.jpgofficial.jpg

gmenu_top.pnggmenu_top.png
karate.png
gmenu_k_nyuukai.pnggmenu_k_nyuukai.png
gmenu_K_rensyuu.pnggmenu_K_rensyuu.png
gmenu_K_acsess.pnggmenu_K_acsess.png
contact.pngcontact.png
link.png

  • ebisu_seitai.png
  • .
  • oneway_banner.png

image_zou.png